デバイス制御のコツあれこれ

個人情報を守るためには

個人情報を守るためには

個人情報を守るためには USBなどの端末を使って個人情報を管理しているケースがありますが、このような管理の仕方をしていると情報が流出してしまうリスクが考えられます。
このようなリスクを低くするためには、デバイス制御機能を使って情報漏洩を防ぐことが良いとされています。仮に情報が漏洩してしまったとしても、デバイス制御機能を利用することでログが記録されて、いつ・誰が・どの情報を漏洩されたのかがわかります。
外部に情報を持ち出せる外部デバイスは、USBをはじめSDカード・光学ドライブ・スマートフォン・タブレットなど、その種類は様々なものがあります。それぞれ規格やバージョンが異なるため、対応状況に差が出てしまいます。また、ファイルを書き出す経路も一つだけではなく、文書作成ソフトに保存する・同期ソフトを使ってコピーするなどがあるため、デバイス制御機能を利用するには、これらの経路すべてに対策されているかどうかをチェックした上で選ぶことがポイントです。
デバイスを制御するソフトはいろいろありますが、企業が支給するデバイスを暗号化機能をもつものにしたり、貸し出しているデバイス以外は書き込みができないようにするなど利用を制限することは基本となります。デバイス自体を制御するのと同時に、接続したデバイスの情報を自動的に管理し、指定したデバイスのみが使えるように許可するような制御機能が付いていればより安全です。
持ち出しユーザーを制限するというのも有効な方法です。ユーザー・グループごとにそれぞれデバイス制御を行うことで、データを持ち出すことによる情報漏洩リスクを下げられます。特定のユーザーだけを指定して持ち出しを許可することで、利便性を確保しながらもセキュリティ性を高めることにつながります。
制御するソフトの中には、テレワーク環境でも活用できるものもあるため、それを利用することでテレワークでも安心して個人情報などを取り扱えます。ログ管理で抑止効果や原因追及をしやすくしたり、オンオフライン昨日で社内外のポリシーを自動変換するなどの機能を提供しているソフトもあるため、不正持ち出し・盗難・紛失などリモートワークだからこそのリスクにも対応します。
情報漏洩の要因は人が漏らしてしまったというだけではなく、管理ミスや誤操作、紛失・置き忘れなどのミスによって起こることが多いとされています。このようなミスを防ぐためにも、デバイスをきちんと制御できるシステムを導入することが大切です。

新着情報

◎2024/3/20

企業のデバイス制御や侵入対策の必要性について
の情報を更新しました。

◎2024/2/22

デバイス制御でセキュリティ問題を解決する
の情報を更新しました。